米国のシンクタンク、アトランティックカウンシルの主任研究員であるロバートマニングとハドソン研究所のアジア太平洋セキュリティ委員長であるパトリッククローニンは、5月14日にフォーリンポリシー誌に共同で寄稿しました。世界の注目はCOVID-19です。 彼は、中国が南シナ海への拡大を強化していることを警告し、米国が地域の海洋国家の連合を形成する上でリーダーシップをとる必要性を強調している。4月18日、中国は一方的に2つの新しい行政区域(西沙群と南沙区)の設立を発表した。 人工島と恒久的に水中にある55の地形を含む、80の島とサンゴ礁に名前を付けました。 この行動は、南シナ海の140万平方マイルを支配しているという確立された事実を生み出すことです。 過去1年間、中国は人民解放軍の艦隊、中国海警局、および海事民兵を使用して、インドネシア、マレーシア、ベトナム、およびフィリピンの海域での圧力を高めてきました。 中国はインドネシアのナトゥナ諸島周辺で違法な漁業を続けています。 4月、中国の測量船は中国海警局の船を伴っており、マレーシアの排他的経済水域(EEZ)内でマレーシアのエネルギー大手ペトロナスが運航する探査船に嫌がらせをしました。 昨年、中国も同様の方法でベトナムに干渉し、紛争を引き起こした。 中国がマレーシアとベトナムの石油・ガス事業を混乱させ、徐々にそれらを阻止し、彼らの主権の主張を根絶するかもしれないという懸念があります。上記の社説は、南シナ海を効果的に管理するという中国の最近の動きが不可逆的なターニングポイントに近づいていることを警告しています。 このアラームをもう一度聞く必要があります。南シナ海での中国の行動に苦しんでいるのはASEAN(東南アジア諸国連合)諸国であり、中国はASEANに挑戦している。 ASEAN諸国は中国の南シナ海への拡大に警戒しているが、ASEANの意思決定は全会一致であるため、中国の拡大に直接関心のある国々の主張は受け入れられず、中国に対する強い態度が示されている。 私は違います。 ASEANの全会一致の意思決定原則は、中国の南シナ海への進出の問題だけでなく、長い間問題と見なされてきた。社説によれば、ASEANは意思決定プロセスを再構築する必要がある。 団結を変えるには全会一致の承認が必要であるという皮肉な事実のために、それはまだ再建されていません。 中国に関しては、カンボジアとラオスは親中国であり、中国に対する強力な政策の採用に反対しており、ASEANは中国の南シナ海への動きを抑制することは期待できない。しかし、中国の南シナ海への拡大の影響を直接受けているフィリピン、ベトナム、インドネシア、マレーシアは、中国に対して強い姿勢を示している。 その中で、フィリピンは、国連海洋法条約に基づくハーグ仲裁廷において、2013年の「クダン線」は国際法に基づく根拠がないと述べ、中国を相手取って訴訟を提起し、仲裁廷はフィリピンを提訴した。 2016年7月12日の申し立て。私は認められた決定をしました。 同時に、中国が作った人工島は島として認められないことが決定されました。 これはフィリピンだけでなく関係国にとっても大きな勝利でしたが、中国はこの判決を無視し、人工島の軍事基地への転換を推進しています。社説は、フィリピンやベトナムなどのASEAN海洋国家は、有志連合として海洋ブロックを形成すべきであると述べているが、ASEANの合意に達することができない限り、これは望ましいことである。通常、米国が主導権を握るべきですが、トランプ大統領はそれを期待することはできません。 あなたが信頼できるのは米国議会です。 テキサス共和党のソーンベリー議員は、国防総省のアジア太平洋地域の予算を増やす法案を提出し、それを「インド太平洋抑止イニシアチブ」と呼び、国会議員軍事委員会のアダム・スミス(民主党)議長が支持した。 このような超党派の動きは歓迎されており、米陸軍のインド太平洋軍の予算の増加により、米国は軍事的観点からASEAN海事国家連合を支援することができます。日本はまた、オーストラリア、インド、そして米国と協力して、自発的なASEANの連合を支援すべきである。

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事