ロシアのクリミア併合の野蛮はすでに「処方箋」になっていますか?ドナルド・トランプ米大統領は、今年米国で開催されるG7サミット(グループ・オブ・エイト)にロシアを招待する意向を発表した。 それは大統領の理論であり、驚くことではありませんが、私を驚かせたのは日本政府の反応でした。 茂木外相はトランプ氏の意向を支持し、ロシアへの帰国を歓迎した。ロシアは、ウクライナのクリミア半島を自国に強制的に組み入れたとして非難された後、2014年にG8から追放されました。 北方領土を不法に占領している日本は、ウクライナと同じ「犠牲者」です。 ウクライナの問題が解決されていないのに、ロシアへの招待の理由は何ですか?トランプ氏とプーチン氏に良い顔をしてください。 それをうこさべんと呼ぶのは避けられない。トランプ「G7は時代遅れだ」
5月31日、トランプ大統領は今年の議長として、今月開催される予定のG7サミットを、9月の国連総会の前後、または11月の大統領選挙後に延期しました。自分で選挙。 彼はまた、インド、オーストラリア、韓国を招待する意向を表明した。 「G7は時代遅れになっている。世界で起こっていることを正確に反映しているとは思わない」と大統領は招待の理由を説明した。この点で、ホワイトハウス当局者は、大統領が今年のサミットで中国の問題を議題にするつもりであると言いました。 新たなコロナウイルスや香港問題をめぐって対立している中国への圧力に対応し、各国の共感を呼び起こし、包囲ネットワークを形成したいとの報道もある。韓国の文在寅大統領は6月1日のトランプ大統領との電話会談で、「対応する用意がある。G7だけで世界的な問題の解決策を見つけることには限界がある。4カ国招待は適切である、 「彼はやや過度にユーモラスな方法で言った。ロシアや他の国々からの招待が今年のゲストだけへの働きかけであろうと、メンバーシップを恒久的に拡大する計画であろうと、トランプ大統領の意図は明確ではありませんが、カナダはすでに反対を表明しています、英国、フランスも同様のようです。 参加国の恒久的な拡大には各国の同意が必要であり、実現は容易ではありません。外相「対話と関与が必要」
トランプ大統領は、2017年の就任以来、ロシアの再招集に熱心であり、昨年のフランスのビアリッツでの首脳会談でこの問題を提起したが、指導者によって時期尚早に解任された。 昨年のフランスのエマニュエル・マクロン首相は、「クリミア問題が解決すれば、復帰は可能だ」と述べ、クリミアが元の状態に戻らなければ問題はないと述べた。茂木外相は、ロシアの参加に最初に反対すべきだった日本がトランプ大統領のイニシアチブを支持した理由を説明する。 「国際問題への対応におけるロシアの建設的な役割を引き出すためには、対話と関与が必要であるというのが日本の基本的な理解である」(6月2日の記者会見)。 日本の領土を奪った国は「建設的な役割」を担うことが期待されているので、ある程度の人がいると言えます。救済は、外相がロシアの参加は恒久的な返還ではなく、今年だけのゲストであると想定しているということです。 「G7では、非加盟国や国際機関がアウトリーチとして招待されています。昨年は、アフリカ諸国、チリ、インド、オーストラリアなどが招待されました」と茂木氏は説明した。 ただし、1年間のゲストであっても、亡命国を招待する正当な理由が必要です。 クリミアの元の状態を復元するためのロシアの反省と謝罪にかかわらず、そのような状況がない場合に彼らを招待することは、不公正な行動を容認するでしょう。

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事